日経225先物の、寄付で仕掛けて大引で決済する「寄り引け取引」の、システムトレード用の売買判定の結果を公開します。
☆メインシステム
 今日の判定は「買い」で収支は+40円でした。
 今月の収支は合計で-240円です。(9勝8敗0引分1見送)

☆ワンデイシステム
 今日の判定は「見送り」で収支は±0円でした。
 今月の収支は合計で+340円です。(7勝6敗0引分5見送)

☆ジャンプシステム
 今日の判定は「弱い売り」で収支は-40円でした。
 今月の収支は合計で-170円です。(2勝5敗0引分11見送)

☆3システム統合判定
 今日の判定は「買い」で収支は+40円でした。
 今月の収支は合計で-410円です。(7勝10敗0引分1見送)

◇前場は上昇後軟調、後場は膠着となりました。

○先週のナイトから10円のギャップダウンで始まり、
 寄付後に一旦底をつけると90円急伸し、
 その後は幾分戻して、
 後場はほとんど時間で20円幅の深刻な膠着状態となりました。
 先週も散見されましたが、
 寄付直後に国策買いによって水準を持ち上げられました。
 国策買いが終わると深刻な膠着状態となり、
 バブル崩壊以降、何度も繰り返されてきた市場介入の弊害です。
 相場の正常化には時間がかかりそうです。
 ナイトも水準の持ち上げから始まっています。
 明日は良い日でありますように。