日経225先物の、寄付で仕掛けて大引で決済する「寄り引け取引」の、システムトレード用の売買判定の結果を公開します。
☆メインシステム
 今日の判定は「弱い売り」で収支は-160円でした。
 今月の収支は合計で-320円です。(1勝5敗0引分0見送)

☆ワンデイシステム
 今日の判定は「見送り」で収支は±0円でした。
 今月の収支は合計で+150円です。(3勝1敗0引分2見送)

☆ジャンプシステム
 今日の判定は「買い」で収支は+160円でした。
 今月の収支は合計で+170円です。(2勝0敗0引分4見送)

☆3システム統合判定
 今日の判定は「買い」で収支は+160円でした。
 今月の収支は合計で+280円です。(4勝2敗0引分0見送)

◇前場は強いジリ高展開、後場は一段高となりました。

○前日のCMEから20円のギャップダウンで寄り付くも、
 すぐに底をつけると強い上昇が始まり、
 昼前後はもたついたものの、後場は再度ジリ高となり、
 ボトムから180円上昇して高値引けとなりました。
 ナイトは底堅く推移しています。
 懸念されていた地政学的リスクが肩透かしに終わり、
 一気に上昇となりました。
 為替が小幅だったにも関わらず、日経だけどんどん上がっていき、
 海外勢と国策の大口買いが主導したもようです。
 今回上昇のそれまでの高値を更新し、2年ぶりの高値となりました。
 バブル後高値まであと120円、大台まで170円と、射程内に入ってきました。
 過熱感の中、どこまで上昇するのか気になるところです。
 明日は良い日でありますように。